待合室

滋賀県草津市大路1-1-1 エルティ932 2階
JR草津駅東口スグ、エルティ駐車場利用可
予約制、各種保険取扱

診療時間
  • 良くある質問
  • 院長ブログ

ホワイトニングもやってます!

草津駅東口デッキに面しています。

うばがもちやさんの隣になります。

エルティの駐車券をお渡しできます

 

2017年

10月

03日

棚作りました

うちの医院も開院して6年が経ち、モノも増えてきましたが、いかんせん狭いので、収納が足りなくなってきました。

そこで、カウンセリングコーナーの壁面に棚を設置しました。

なんか解決ビフォーアフターの匠のような職人さんが、手際良く作ってくれました!
続きを読む

2017年

10月

01日

マイクロスコープ用の椅子

マイクロスコープでは主にミラーを駆使して患部を見ながら治療をするわけですが、拡大して見ていると、手のブレも拡大されてしまいます。
 そこで椅子に肘掛けが付いていると、疲労が軽減されて、治療の質も上がります。
 このたび、このような椅子を購入して使い始めました。
 肘掛けの幅や高さを自分に合うように自由に調整できるのです。そういう椅子はすごく高価なものしかなくて、手が出なかったのですが、やっと私にも買えるのを見つけて入手しました。

でもこの椅子衛生士さんには不評でありまして、衛生士さんが歯周処置をするときには、避けられていることがしばしばです。かわいそうな椅子。

2017年

9月

16日

開店!Vareul 525

私の専属美容師(ウソ)の江口さんが、お店を移転し、先日開店されたので、ヘッドスパやってもらいました!

前の店の閉店間際に行くの忘れちゃって、モジャモジャになってたので、さっぱりしました!

相変わらず、注文は訊いてくれません(笑)

オシャレで落ち着いたお店です。

行ってあげてください!

続きを読む

2017年

9月

14日

受付照明

受付のコンピュータの更新に伴い、モニターディスプレイをカウンターの下に移設しました。
それまでは事務用の灯りがカウンターの下に設置していましたが、モニターの移設に伴い電灯を撤去したので、受付の手元が暗くなってしまっていました。
デスクライトを置くと机上が狭くなってしまいますので、今回天井のスポットライトを1基から2連のものに湖睦電器さんに交換してもらいました。
予想以上に明るくなって、予約を取るときには患者さんも手帳などが見やすくなりそうです。


2017年

9月

03日

歯周組織再生剤リグロス

歯周病が進行すると、歯を支える骨が減ってしまいます。
これまでは減った骨を増やすことは、自由診療だけで使える薬である「エムドゲイン」を使ったり、保険の効かない骨補填剤や膜を使った歯周再生療法しか手段がありませんでした。
保険診療では、再生療法はできなかったのです。

ところが、最近保険診療て使える歯周組織再生剤である「リグロス」が発売されまして、保険診療で歯周病の治療を受ける方の治療の選択肢が増えることになりました。

続きを読む

2017年

8月

17日

トロンボーン用のミュージックスプリント

今日はお盆休みの最終日。夕方にトロンボーンの人のミュージックスプリントを作製しました。

 

元々歯列不正も著しく、歯周病も部分的には重度に罹患しており、現在左上の前歯から小臼歯にかけて仮歯になっていました。

 

アマチュアながらビッグバンドやアンサンブルでご活躍のベテランで、かなり吹ける方です。

 

 

仮歯にしてから、

「アタックはきれいになりましたが

 

高音が全くです…泪」

 

とのことで、何ができるか考えてみました。

 

この写真は処置前。左の上下の犬歯が触っていますが、右は大きくすき間が開いています。

右上側切歯は栓状歯で小さく、隣の歯との間にすき間があります。

 

そこで、取り外しのできる小さな装置をつくって、装着して吹いてもらうことにしました。

 

続きを読む

2017年

7月

31日

インレー修復の手順

インレー修復は臼歯部の主にC2という中等度のむし歯の修復に用いられる方法で、「間接法」と呼ばれます。

削った穴の型をとって、石膏でつくった歯の模型の上で

技工士さんが詰め物を作って、出来上がったものを、

調整して患者さんの歯にはめ込む方法です。

 

詰め物の材料としては、次のようなものがあります。

・金属(銀合金、パラジウム合金、金合金)

・セラミック・ハイブリッドセラミック・コンポジットレジン

 

インレー修復を選ぶのは、直接法のレジン充填では難しい「歯と歯の間の修復」や、

レジンでは強度が不足するような「大きい詰め物」が必要な場合になります。

続きを読む

2017年

7月

14日

サクソフォーン上達法

最近、サックス奏者の方が吹きやすくなるための治療を行っているのですが、僕自身はトランペットは吹くのですが、サックスは吹くことがないので、友人お勧めの本を買ってみました。

 

サクソフォーン上達法

    デビッドリーブマン 著/川里安輝子 訳/土岐英史 監修

 

amazonの商品紹介には

 

サックスを演奏するために、本当に必要なテクニックにポイントを凝縮して書かれた良書。 楽器の構造から、演奏者の身体、音色や音程の概念、楽器の構え方、声帯の仕組み、タンギングの仕方、倍音の練習法、リードの構造、マウスピースの構造など、演奏者にとって最も知りたい疑問に応えています。”

 

との記載があります。

続きを読む

2017年

7月

13日

自分のメンテナンス

今朝は、自分自身の歯のメンテナンスに堅田のO歯科医院に行ってきました。

自院の衛生士さんにしてもらう先生も多いと思うのですが、私はなんとなく外でやってもらってます。衛生士さんに残ってやってもらうのは気が引けますし、他の医院が見れて勉強にもなりますしね。
 
私自身もプロなので、歯はそれなりに綺麗なのですが、一年経つと多少は歯石も溜まります。プロの衛生士さんの手でガリガリ取ってもらってサッパリしました。

担当のワタベさんは衛生士さんを指導する講師もなさる人なので、歯周病検査も全然痛くありまん。検査の間爆睡してしまいました。爆睡してたんやったら、検査が痛くないかどうか本当にしてたかどうかわからへんやろ>自分  そやね!

まあでも全般的に歯石も少ないとのことでお褒め頂きました。でも、皆よく歯石が溜まる下顎前歯部は歯石が少ないのに、普通あまりたまらない上
顎前歯部に歯石がついていると指摘されました。

自己流だけだとやっぱり盲点ができちゃうみたいですね。

今日はこれから岡山大学にちょっとお勉強に行ってきます!

2017年

7月

10日

タービン等、毎回滅菌してます

最近の新聞報道などで、歯科用ハンドピースの使い回しが取り上げられました。

 

歯を削る医療機器、半数が使い回し…院内感染恐れ

 

 

当院ではハンドピースは患者さんごとに高圧蒸気滅菌器で滅菌して使用していますので、ご安心ください。

 

 

続きを読む

2017年

7月

02日

マイクロエンドセミナー

カール・ツァイスのマイクロスコープで実習
カール・ツァイスのマイクロスコープで実習

昨日今日と、埼玉県の浦和まで研修を受けに行ってきました。

その研修会は「マイクロエンド実習会」。手術用顕微鏡を用いた根管治療の実習を行います。
主宰されているのは、東京で歯内療法の専門の医院を開業していて東京医科歯科大学臨床教授でもある井澤常泰先生で、20年以上前の日本では最も早い時期から顕微鏡を用いた歯内療法を始められた、その分野の日本一の先生です。
何年も前に先生の本を読んで疑問に思ったことをメールで質問したことがあります。その時は大変親切に回答を頂きました。
今回の実習会では、破折ファイルの除去や、難しい根管口の探索、外科的歯内療法の実習を行いました。
 
私としては特に外科的歯内療法においてマイクロスコープの活用にまだまだ至らぬところがあったので、とても有意義な研修になりました。
昨夜は懇親会で、井澤先生や全国から参加した受講生の先生方と出会い、熱く臨床について語ることができ、情報交換にもなりましたし、刺激を受けることもできました。
研修会で学んだことを明日からの臨床に生かしていこうと思います!
続きを読む

2017年

6月

20日

破折ファイルの除去

マイクロスコープを使ってできるようになることのうちで、もっとも特徴的で価値のあることの一つに

 

「破折ファイルの除去」があります。

 

根管治療においては、とても細い根管の中を、”ファイル”と呼ばれる針みたいに細いやすりできれいにするという作業をします。

 

このファイルは金属製でとても細いため、時々根管の中で折れてしまうことがあります。

シャープペンの芯の通る筒の中で髪の毛みたいに細い針金が折れてしまうことを想像してください。

 

しかもファイルは刃が根管の壁に食い込んでいるのです。

 

マイクロスコープと超音波チップがなければ、それを取り出すのはほぼ無理です。

 

マイクロスコープを使ってもなかなか難しいものです。

 

でも、折角導入したので、チャンスがあると挑戦しています。

続きを読む

2017年

6月

13日

むし歯じゃなくて歯が痛い

むし歯じゃなくて歯が痛いときがあります。

 

先日来院した患者さんです。

 

1週間前から一日に数度右上の奥歯が痛い。

 

ところが口の中を診ても、レントゲンを撮っても、むし歯もなければ歯周病もない。歯にひびが入っている様子もない。

 

よく口の中を診てみると、骨隆起という歯ぐきのコブのようなものができていて、歯ぎしりか食いしばりをしていた可能性が高い。そして訊いてみると、肩こりや頭痛もするとのこと。

 

おそらくこれは側頭筋の緊張からくる関連痛と診断し、リラックスを心掛けて経過を見るよう指示しました。

 

 

また、別のケース。「歩いたり階段を下りたりすると歯に響く」やはりむし歯などの原因はなし。訊いてみると鼻炎とのこと。上顎の臼歯部は上顎洞という鼻腔に通じる空洞と非常に近いので、鼻炎になると歯が痛く感じることがあるのです。鼻炎が治るまで経過を見るように指示したところ、鼻炎の治癒に伴い症状は消えました。

 

このように歯に原因がなくても歯が痛く感じることもしばしばあります。

2017年

6月

03日

サイナスフロアエレベーション(ソケットリフト)

最近わりとたてつづけに、ソケットリフトという処置を2例しました。

 

これは上顎の臼歯部の骨の高さが足りない時にする処置です。

 

詳しい原理は こちら

 

骨補填材をインプラントの穴からチマチマ入れないといけないのがなかなか骨が折れますな。

 

 

続きを読む

2017年

5月

31日

映画)最高の人生の見つけ方 ネタバレあり

2007年の映画なのですが、つい先日に動画配信で観ました。

 

クサい題名ですがジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの好演で味わい深い佳作に仕上がっています。

 

モーガン・フリーマンは年老いたクイズマニアの自動車整備工のカーター。ジャック・ニコルソンは毒舌の億万長者エドワード。

 

この二人が病院で相部屋になり、ともに余命半年を宣告されます。

 

二人は全ての面で対照的です。

 

カーターは知的で信心深く、家族のために自分の人生を捧げ、妻に愛され、子や孫に恵まれています。

 

エドワードはビジネスでは大成功をおさめ、自家用ジェットを所有するほどの財産に恵まれたものの、4回の結婚にも失敗し、病室には秘書以外誰も訪れません。

 

このように普段の生活の上では出会うことの無かった二人が、同じ病に倒れ、ベッドを並べることとなったのです。

 

そして二人は「棺桶リスト」、死ぬ前にやっておきたいことを書き留めたリストを一緒に実現する同志として、エドワードのジェットで旅に出るのでした。

 

スカイダイビングやアフリカ探検、ピラミッドを楽しむ二人ですが、その中で彼らの喪失感が明らかになってきます。

 

家族に恵まれたカーターは、学生時代にデキ婚してしまったため、学問の道をあきらめて工員になり、家族のために身を粉にして働き、自分の夢を追うことはできませんでした。

 

大金持ちのエドワードは一人娘と絶縁状態でした。家に帰ると一人ぼっちで食事をしないといけません。

 

死ぬ前にやっておきたいことをすることが目的の旅だったのですが、二人はこれまでの人生を振り返り、自分の人生の過ごし方そのものに対する思いに決着をつけていき、それが静かな味わいと感動を与えてくれました。

 

ネタバレしちゃいましたけど、面白いのでおすすめですよ。

 

私の仕事と絡めていこうと思ったのですが、それをしちゃうと感激が薄れてしまいそうなので。やめます。

 

おやすみなさい!

 

 

 

 

2017年

5月

28日

マイクロスコープ下でのむし歯処置

左下第1大臼歯の大きなむし歯の処置です。

 

歯髄に達する可能性もあった大きさだったので、ラバーダムをしてむし歯を除去していきました。

続きを読む

2017年

5月

26日

e.max®インレー

「右下奥歯の詰め物が取れた」と、来院された男性です。

 

e.max®というオールセラミックの材料でつくったインレーで修復しました。

 

 

どこが詰め物かわかりますか?

続きを読む

2017年

5月

04日

フルジルコニアクラウンについて

当院で大臼歯部を白い被せ物にしたいというご希望があった場合、「フルジルコニアクラウン」をお勧めしています。

 

ジルコニアは、実は歯科医院にによって結構クオリティが違ってきます。
ジルコニアはCAD/CAMという機械で削って作るのですが、すごく硬い材料なので、比較的軟らかい状態の時に削ってその後焼き固めて硬く仕上げます。
焼き固めると収縮するのでそれを見越してCAD/CAMでは大きく削りますが、多少の誤差は出るので、そこを技工士さんが合わせます。ここの手間をかけ方で仕上がりに差が出ます。歯と歯茎の間の適合です。患者さんは気づかないことも多い所ですが、合ってないと歯肉炎の原因になります。
歯科医院には遠方の技工所から格安ジルコニア冠の営業のFAXが送られてきます。そういうところは技工士さんの手間をかけてないので、安くできるし、その分だけ質が悪いわけです。

 

安くフルジルコニアクラウンを提供している歯科医院さんもあるみたいですが、そのような格安な技工所を利用しているようです。


当院のフルジルコニアクラウンは、技工士さんが手間暇かけて調整したものを使っています。マージンの適合は素晴らしいです。「デジタル技工」が近年急速に普及してきていますが、今のところ最後の仕上げの技工士さんの一手間が治療のクオリティを左右しています。

0 コメント

2017年

4月

28日

ヘルシースナッキング?

先日、NHKを観てましたら、糖尿病の人なんかは3回の食事だけで済ますのではなくて、間食をこまめに食べる「ヘルシースナッキング」ということをすると、血糖値の急な上がり下がりがなくなるからいい、というような話をしてました。

http://www.nhk.or.jp/ohayou/vitamin/20170424.html

 

でもこれ、歯医者的には一番むし歯になりやすい食事の摂り方です。

 

砂糖の入った食品を食べると、口の中の虫歯菌が歯の表面を酸性にして、歯を溶かします。でもしばらくすると酸は中和され、再石灰化によって元通りになります。

 

ごはんとごはんの間があいていると再石灰化の時間が十分にあるのでそうそうむし歯になりませんが、食事の間に間食を摂ると、再石灰化が起きる暇もなくまた脱灰されてしまうので、むし歯になりやすいパターンかとおもいます。

 

番組ではチョコやフルーツが、ヘルシースナッキングのおやつの例として挙げられてましたが、

われわれとしては、なるべく砂糖を使わない、ゆで卵やナッツ類を推奨しようとおもいます!

0 コメント

2017年

4月

08日

マイクロスコープ

 先月末にマイクロスコープを導入しています。
メーカーの人に勧められるまま、40インチのモニターも置いてみました。
うちの狭い医院には不釣り合いな大きさのような気がする・・・

2017年

4月

07日

ハチミツ

ネット上で小耳にはさんだのですが、

「アカシアはちみつで歯みがきするとむし歯にならない」との言説が

まことしやかに流れているようですが、

 

ハチミツの主成分はぶどう糖と果糖ですから、

むし歯になると思います。

 

やめましょうね。

0 コメント

2017年

3月

30日

明るくなりました

うちの診療室は、スポットライトの間接照明を使ってまして、天井には照明器具を設置していませんでした。
そのため、患者さんは眩しくなかったかもしれませんが、歯科診療室としては少し暗めでした。
そこでこのたび、天井にベースライトとダウンライトを設置して、照度を大幅に上げました。
なんだか気持ちも明るくなりますね!

2017年

3月

29日

インプラント説明ページ

インプラントについて説明するページを更新しました。

 

またおいおい情報は追加しますね。

 

0 コメント

2017年

3月

21日

手作りへのこだわり

 当院ではセラミックやジルコニアの修復物はすべて外注で専門の技工士さんに作ってもらっております。

 

最近では技術の進歩により、歯科医院に自動でセラミックやハイブリッドセラミックを削り出してくれるマシーンも普及してきており、そのおかげで低コストで1回の来院でセラミック修復が終わることを売りにしているところもあるようです。

 

しかし、私としましてはまだ技工士さんの作るものの安定度の方が高いと考えておりますので、今しばらくは技工士さんに外注で製作してもらうことにこだわっていきたいと考えております。

0 コメント

2017年

3月

18日

CT導入しました

当院のレントゲンが、従来のデジタル・パノラマレントゲンから、CT・パノラマ複合機に更新されました!
従来のレントゲンは2次元のいわば「影絵」でしかありませんでしたが、CTは3次元的に画像を構築し、2次元のレントゲンでは難しかった診断も正確にできるようになりました。
CTが特に威力を発揮するケースとしては、
1)下の親知らずの埋まり方で、下顎管という神経と血管の通り道との位置関係の診断
2)難治性の根尖性歯周炎の病変の位置と形態の把握
3)インプラント予定部位の骨の形態の測定
4)顎関節の形態の診断
が挙げられます。
上のケースの中では、インプラント以外は保険も適用されます。
インプラント予定の方のCT撮影は無料で行います。
これまではインプラント予定の方は病院に撮りに行ってもらっていたので、今後はその必要はなくなります。
今後とも新規技術の導入も頑張っていこうと思います。
続きを読む 0 コメント

2017年

3月

16日

ハローキティ

患者さんから手作りのハローキティを頂きました!
かわいいですね!

ありがとうございます!

2017年

3月

13日

むし歯になるパターン:甘いものを常に口に

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

07日

歯みがきの順番

「フロスは歯ブラシの前にしたほうがいい」ってテレビでやってたそうです。

 

ほんまかいな

 

なんでも

「歯磨き粉に含まれるフッ素がフロスで落ちちゃうから」

 

ということらしいです。

 

うちの意見は、歯ブラシでブラッシングしてから、フロスで仕上げて、最後にフッ素を行き渡らせるのがいいんじゃないかということです。

 

最初から歯ブラシに歯磨きつけなきゃいいんですよね。

 

私のお勧めは

 

コンクールジェルコートFです。

 

研磨剤も界面活性剤も入ってなくて、アルコール分がすくないのか辛みも少ないので、あとであまりうがいせずに済みます。 フッ素も950ppm含まれてて、歯周病菌をやっつけるクロルヘキシジンも含有。

 

もちろん医院に置いてます。

もしよかったらどうぞ!

0 コメント

2017年

3月

07日

リクッチのエンドドントロジー

昨日届いた本。
「世界で最も美しい組織像と臨床画像でわかる最新のエンド」
ですって!
こりゃ買わないといけませんや!
でも高い。・°°・(>_<)・°°・。
大抵こういう高い翻訳専門書は原書に比べて、邦訳の手間の分、高くなってるというのか普通なので、調べてみると、
原書とほぼ同じ値段!
お得です!月星先生の熱意を感じる!
しかも世界一というだけあって美しい写真!
そして、攻めの文章!考察が深くてかつ臨床的!
しばらく楽しめそうです。
続きを読む

2017年

3月

05日

インプラントの研修

今日は、インプラントの時に用いる、骨造成の研修に行ってきました。研修には、豚さんの顎の骨を使って実習を行いました。

 

インプラントや、歯周病の手術の実習には、よく豚の顎が使われます。入手しやすいからでしょうか。
実習ではこれまで普段自分のところで使っていたものとは違う縫合糸を使ったりもした。針もずっと細くて小さいものでした。値段は高いのですが、用途によってはなかなか有用かなとも思いましたので、当医院でも導入してみようと思いました。
また、インプラントについての最新の材料の情報等についても勉強できて、とても有意義でした。
また明日からの臨床に生かしていきたいと思います。

2017年

3月

03日

1歳半検診

 

今日は、草津市のさわやか保健センターで1歳6ヶ月検診に出動してきました。
乳幼児健診は、1歳6ヵ月と2歳6ヵ月と3歳6ヵ月があるのですが、1歳6ヶ月は一番小さくて可愛いですね。みんな泣きますけどね。
 
保健センターの衛生士さんから聞いたところでは、赤ちゃんの仕上げ磨きについて、ある自治体では「絶対押さえつけずにやりなさい」と指導されるそうです。嫌がるなら口を開けるまで、磨かないとか。
草津では、上手に子どもを押さえつけるコツを教えるそうです。
結構いろんな流派があるみたいです。
 
私は、どっちが正しいとか間違ってるとかはないと思います。
 
虫歯は、虫歯菌砂糖が長時間歯の表面にある場合にできるので、極端なことを言えば、砂糖が含まれた食品を完全にカットできれば、歯磨きしなくても虫歯はほとんどできません。
 
 赤ちゃんが生まれたら、3歳位までは砂糖や甘い食べ物や飲み物の存在を教えないのが理想です。
下手に教えたら、我慢をすることのできない子供に、我慢をさせないといけないじゃないですか。
だだをこねる子供に我慢をさせるほうが、甘いお菓子を教えないより、かわいそうと思うんですよね。
それができれば、歯磨きは大きくなったときに自然に習慣づけるように優しくを教えて行けばいいと思うのです。
  
だけど、2番目か3番目の子供で、上の兄弟がおやつを食べているのを覚えてしまうと、「甘いもの知らせない作戦」は不可能です。
 
そういう時は、出来るだけ歯みがきが嫌いにならないように配慮しつつも、確実に仕上げ磨きを押さえつけてでもしないといけないんじゃないかなー?というのが、私の意見です。
 

2017年

2月

26日

騎士団長殺し

Amazonで注文していた村上さんの「騎士団長殺し」が届きました。ふふふ。
ミーハーというなかれ。
一応ファン歴30年ですからね。

2017年

2月

08日

根管治療とは例えて言うならこういう感じです

根管治療(歯の根の神経の治療)について患者さんに説明するのに使っている、最近思いついた例えがあります。

 

歯には根があって、歯ぐきの中の骨に植わっています。

 

脳から来た神経線維と心臓からくる血管がこの歯の根の先から歯の中に入ってきますので、歯の根の中には根管というトンネルがあります。

 

このトンネルはシャープペンシルの芯の通る管の半分位の太さです。

 

歯の中の神経に細菌が入ってしまったら、この中をきれいに掃除しないといけません。

 

手帳用の細い鉛筆位の太さの小さいレンコンを想像してみてください。本当のレンコンより穴は少なく、1~5個くらいのシャープペンシルの芯の半分の太さの穴が開いてます。

 

この穴の中に泥がつまってたり、トンネルの壁が腐って黒くなってたりしています。

 

この中をシャーペンの芯の1/5くらいからシャープペンの芯と同じくらいの太さの針のようなやすりなどを使ってきれいにしていくのです。

 

どうでしょう、わかりやすいでしょうか?

 

0 コメント

2017年

1月

14日

アンパンマン

米粒にアンパマン。

今、歯科治療用の顕微鏡を選定のために借りていて、練習も兼ねて描いてみました。
尖らせたシャープペンを使いました。
本当は鏡に映った象を見ながら描くとより実戦的な練習になるのですが、一発目なので直の画像で描いてます。

2016年

12月

28日

今年の漢字は「金」ということだそうですね。

 

リオオリンピックの金メダルラッシュは日本中を明るくしました。

 

我々の歯科医院で、むし歯の治療をする際にも「金」が使われます。

 

保険で使われる金属にも金が入っていますが、12%だけで、ほとんどは銀です。

 

だから俗に「銀歯」といいますよね。

 

でもこれは本来金合金でつくられるべきものを、保険で取り扱うにあたって経済的に廉価にするために採用されたいわば「代用品」です。

 

ですから、鋳造でクラウンやインレーを作るにあたって最適な材料は金合金だと考えられています。

 

最近ではセラミックなどの修復技術が進んだので、すっかりかすんでしまいましたが、金合金による修復には次のような利点があります。

 

1.金合金の鋳造のしやすさと自費診療で技工料にコストをかけることにより、非常に精度の高い修復物ができ、再治療になりにくい。

 

2.天然の歯のエナメル質とほぼ同程度の硬度なので、かみ合わせや歯ぎしりによる擦り減りが、天然の歯と同じように起こるので、機能的に自然である。

 

3.被せもの(クラウン)をつくる場合、薄くできるので、歯を削る量はセラミックなどに比べて少なくすることが出来る。

 

4.セラミックで懸念される「割れ」はほぼ起こらない。

 

以上のような利点を考えると、大臼歯、特に第2大臼歯の修復には最適な材料と言えます。

 

セラミックがなにかともてはやされますけど、「金」もなかなかいいですよ。

0 コメント

2016年

12月

09日

タイルカーペット

今日から、土足で入って頂くことになりました。

そのために、フローリングだった受付の床にタイルカーペットを敷きました。
下駄箱が無いので広々としますね。患者さんも履き替えなくてもいいのは楽みたいです。

2016年

12月

05日

土足に

今は医院に入ってから、スリッパに履き替えてもらってます。

 

床も天然の木のフローリングなもので、きれいさを保ちたいと思いまして。

 

実は設計段階では土足で入ってもらう予定でした。

 

でも内装ができてすごくきれいだったので、靴で入るのがもったいなくて、

内覧会でアンケートを取って、スリッパに履き替えてもらうことにしたのです。

 

普通スリッパに履き替える医院さんは、靴を履きかえるところで一段上がりますよね。

 

でもうちは外から受付まで段が無いので、初診の人やなじみのない郵便屋さんは靴のままどしどし入ってきてました。

 

また、足の不自由な方は靴に履き替えられるのが大変そうなので、そのまま入ってもらったりしていたのですが、他の人がその人に「ここはスリッパですよ」と注意しちゃうようなこともあったりして、靴のまま入ってもらったほうがいろいろいいんじゃないかということになりました。

 

来週の木曜に待合室にタイルカーペットを敷き詰めます。

 

翌日からスリッパに履き替えずに靴のまま入っていただくことにします。

 

突然びっくりなさるかもしれませんが、よろしくお願いします。

0 コメント

2016年

12月

03日

インプラントのメインテナンス

インプラントも歯周病になります。

歯周病とは言わずに「インプラント周囲炎」と呼びますが。

 

基本的にインプラントは、インプラント周囲炎にならなければ、かなり長持ちします。

インプラントの10年後の残存率は95% で、残りの5%の原因はインプラント周囲炎によるものです。インプラント周囲炎は、土台の骨を溶かしてしまいます

 

歯周病は歯を失う原因の第1位ですが、インプラントも同様です。インプラントはむし歯にはなりませんが、インプラント周囲炎になると、抜けてしまうこともあります。

 

せっかく費用をかけてインプラントを入れたのに、失ってしまってはもったいないですよね。

 

インプラント周囲炎の予防は、歯周病の予防と同様に、セルフケアとプロによるメインテナンスが不可欠です。

 

インプラント周囲炎は、細菌が原因です。これらを毎日のブラッシングで落とすことが基本になります。ただ、誰でも若干の磨き残しは出ますし、磨き残しは時間が経つと落としにくくなります。

その自分では落とせなくなった汚れを、定期的に歯科衛生士がクリーニングすることがメインテナンスです。

 

また、メインテナンスでは、かみ合わせのバランスも必要に応じて歯科医師がチェックします。

 

インプラントを良好な状態で使用し続けるためにはもちろん、天然歯の健康を保つためにも、メインテナン

スを受けるようにしてくださいね。

0 コメント

2016年

12月

02日

3歳6ヶ月検診

今日は草津市のさわやか保険センターでの3歳半健診に出動してきました。

市の健診は1歳半、2歳半、3歳半がありますが、3歳半は一番大きいから、おとなしく口をあけてくれる子も多いのですが、暴れられると体力もついてるので大変です。

今日は虫歯のある子も2、3割いたので、少し多い印象でした。

2016年

12月

01日

散髪しました

なかなか忙しいものですから、散髪する時間は大体仕事が終わって夜中にやってもらってます。

近所のValeur525の江口さん、ありがとうございます。
彼に言わせると、「キヨハラをイメージした」とのこと。
星野源にしてくれって言ったのに・・・
(うそ。言ってません)

2016年

11月

29日

こんなものも滅菌

口の中で歯を乾燥させたり、洗い流したりする道具に「スリーウェイシリンジ」というものがあります。

 

なにが「スリー」かというと、

1.右のボタンを押すと空気がシューっと出ます。

2・左のボタンを押すと水がチューっと出ます。

3.左右同時に押すとスプレー上に水がプシューっと出ます

 

3つの用途があるのでこう呼ばれます。

 

これは先端の部分が取り外せるようになっておりまして、

口の中で使うものなので、患者さんごとに滅菌してます。

 

結構これを滅菌してるところは少ないように思います。

 

いちいち毎回付け替えるのは手間ですが、頑張ってます。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

23日

抜歯即時インプラント埋入

左上の糸切り歯の差し歯が取れてしまった人です。

何度か治療を繰り返したのか、土台を歯根に差し込んでいる部分が太く、歯質はうすくなってしまっていて、歯肉の深いところまでむし歯が進行していました。

 

歯を残して行くことは難しいけれども、根管治療を施したあとで歯根を矯正的に引っ張り出すことでなんとか抜歯せずに残して行く計画を立てました。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

21日

いつもお約束とお時間をお守りいただき、ありがとうございます。

当院は予約制となっております。限られた診療時間の中で、1人でも多くの方へ、そしてできる限り時間通りに治療を受けていただけるよう、お一人お一人のご予定やご希望をうかがいながら時間を調整し、予約をお取りしております。

ただ、当日キャンセル・連絡なしのキャンセル、遅刻をされてしまいますと、治療を待っていらっしゃる他の患者様をお待たせしてしまうこととなり、ご迷惑になってしまいます。

ですので、ご予約はなるべくご都合の良い日でお取りいただきキャンセルは極力お控えいただき、もしご都合が悪くなられた場合には、なるべくお早めに(できれば前日までに)ご連絡をいただくようお願いいたします。

 

また当院ではスムーズな診療のために、下記の対応を行っていますので、ご承知下さい。

続きを読む 0 コメント

2016年

10月

14日

フルジルコニアクラウン

歯科において最近技術の進歩が著しいものの一つに、ジルコニアを用いた歯科技工物があります。

 

ジルコニアとはジルコニウムの酸化物で、人工ダイヤモンドとしても用いられています。

 

非常に硬くて丈夫なことが特徴で、白い色をしているため、近年金属に代わり丈夫で白い歯科治療材料として普及が進んできました。

 

数年前まではセラミックを表面に焼き付けるための骨組みとしての用途がほとんどでしたが、最近ではジルコニアそのものを歯の形に加工することができるようになりました。これが「フルジルコニアクラウン」です。

 

フルジルコニアクラウンが登場したころは、非常に硬い材料であるため、噛むときにあたる反対側の天然歯が擦り減りすぎてしまうのではないかと危惧されていました。

 

しかし、その後の研究により、ジルコニアは宝石として使われるほど研磨性が良く、しっかり研磨して表面がつるつるになっていれば、天然歯を摩耗させないということがわかってきました。

 

従来のセラミック(メタルセラミックやジルコニアボンド)は2層の構造が必要でしたが、フルジルコニアクラウンは1層なので薄くて丈夫に作ることができるので、かぶせる歯を削る量も比較的少なくて済みます。

 

金属アレルギーの心配もありません。

 

欠点は、天然のエナメル質より透明度が低いため、すこし天然の歯よりも白っぽく見えてしまうところです。

前歯には向きませんが、大臼歯ならば奥にあるのでほとんど気にならないレベルだとは思います。

 

また、技工士さんの腕や丁寧さが、適合精度に大きく影響するように思います。

ジルコニアの技工物は、CAD/CAMという機械で材料を削り出して作るのですが、ジルコニアはとても硬いため、硬くなる前の状態じゃないと削れません。軟らかい状態でいったん削り出してから、焼結して完全なジルコニアにするのですが、このときに体積が収縮します。ですから収縮を見越して大き目に削ってから、焼いてちょうど良い大きさにするのです。そうすると多少の誤差が発生しますので、そこからぴったりと歯に合うようにするには技工士さんの匠の技と根気が必要になるのです。

 今うちのフルジルコニアクラウンを担当してくれているIさんは、実に丁寧に誠実な仕事をしてくれているので、フルジルコニアクラウンのセットの時、いつも気持ちよく仕事ができます。

 

ということで、当院では大臼歯の神経の治療などを行った後のかぶせ物(クラウン)の中では第1選択だと考えております。

 

保険はききませんが、治療費以上の値打ちのあるクラウンだと思います。8万円(消費税別)です。

続きを読む 0 コメント

2016年

9月

10日

5周年

先日の9月1日で開院5周年を迎えることが出来ました。

 

これも治療に通ってくれる患者さんと、スタッフのみんなと、家族のおかげだと思ってます。

 

感謝、感謝です。

 

これからもよろしくお願いいたします!

0 コメント

2016年

6月

30日

ラバーダムやってます

根管治療のときにはラバーダムをしています。

 

ラバーダムというのは、左の写真のように、ゴムのシートで治療する歯以外を覆ってしまうことです。

 

これにより、歯の中にだ液とだ液の中の細菌が侵入するのを防ぎます。

 

重要性がよく強調されるラバーダムですが、その割には実際に行われることの少ない方法です。

 

うちでは、だ液の入りやすい下顎の大臼歯の根管治療のときはほぼすべてにおいて、ラバーダムをします。

他の歯はケースバイケースでやってます。

 

やらないよりはひと手間増えるわけですが、細かい手技がやりやすくなりますし、細菌の侵入が無いので、結果として効率はいいのではないかと思います。

 

最近、ラバーダムすると「ラバーダムしてくれて感激しました」と言ってくれる患者さんがいました。

ネットでいろいろ患者さんも情報が手に入る時代になったものです。

 

ということで、ちょっとアピールしてみました。

0 コメント

2016年

6月

29日

禁煙のすすめ

タバコが健康に悪いということは皆さんご存知とは思います。

 

実は歯の健康にもタバコは密接に関係しています。

 

特に歯周病にとってタバコは大敵です。歯肉の中にはたくさんの毛細血管が新鮮な血液を組織に送っていますが、タバコを吸うと、血管がきゅうっと収縮して、結構が悪くなってしまうのです。血液に中には細菌をやっつける白血球も含まれますから、細菌に対する抵抗力が弱くなってしまいます。

20本タバコを吸う人は吸わない人より4倍も歯周病にかかるリスクが高くなります。

しかも、治療効果が吸わない人よりも40%~80%も下がると言われております。

 

また、むし歯にもタバコが影響するということも最近わかってきました。タバコの煙でむし歯菌がパワーアップしてしまうのだそうです。20~29歳の日本人女性では、タバコを吸う人が虫歯になるリスクは吸わない人の5.3倍だったそうです。

 

これらのせいで、タバコは歯を失う最大のリスクとなっています。

 

恐ろしいですね。でも今喫煙している人にも希望はあります。禁煙すると、歯周病の治療の効果が有意に改善し、歯を失うリスクが低下するのです。

 

タバコを吸っている方は、これを読んだことをきっかけに是非禁煙に取り組まれることをおすすめいたします。

 

 

ちなみに滋賀県は平成25年の厚労省の調査によると20歳以上の喫煙率が19.8%で、47都道府県のうち低い方から数えて15番目でした。

0 コメント

2016年

6月

28日

犬の歯周病

犬も歯周病になります。

 

歯周病の研究実験によく登場するので、我々的にはおなじみです。

 

犬の歯周病も人間の歯周病も、原因となる菌は同じと考えられています。

 

ですから、歯周病の犬から菌をうつされたり、逆に愛犬に歯周病菌をうつしたりということがあります。

 

愛犬とキスしたり、食器を共有(する人いるの?)したりというのは、感染リスクを高めるので避けるようにしましょう。

 

獣医さんって、いろんな動物のいろんな病気を扱わないといけないから大変ですよね。

0 コメント

2016年

6月

25日

GUM PLAY

サンスターから4月に発売になった、GUM PLAYというグッズをご存知ですか?

これは歯ブラシにつけるアタッチメントで、歯ブラシの向きと動きを感知して、bluetoothで通信してスマホと連動して、ゲームなどをしたりしながら歯磨きをすると、歯磨きを採点してくれたりします。
箱のデザインがまるでAppleの製品のようにスタイリッシュ!
小刻みな動きをすると高評価になります。
面白いですよ。
続きを読む

2016年

5月

18日

破折ファイルの除去

続きを読む

2015年

11月

24日

ガムブリーチ

日焼けすると皮膚にメラニンが沈着して黒くなるわけですが、歯茎もメラニンが沈着して黒くなる人がいます。タバコや刺激物が原因とも言われますが、喫煙者じゃなくても黒い人がいるので、遺伝の要素も大きいのでしょうか。


そういう方は、化学的に歯茎をきれいなピンクにする方法があります。

ガムブリーチとかガムピーリングとか言われています。


お薬を歯茎に作用させると、一時的に歯茎が真っ白になって、その後粘膜の表層がはがれてピンク色になります。


続きを読む 0 コメント

2015年

10月

02日

1歳6ヶ月検診

先ほどヤクルトスワローズが優勝いたしました。私は、ゆるーいスワローズファンであります。
バンザーイ!

さて、今日は草津市の一歳半検診に出動してきました。
赤ちゃんたち、可愛かったです。

続きを読む

2015年

7月

27日

1万4千年前の虫歯治療

ネットでみかけたニュース

1万4000年前の虫歯を発見。治療は尖った石器でした


1万4千年前といえば、氷河期が終わる頃で、農耕がやっと始まるかどうかという頃。

虫歯を石器で治療したんですって。

いや、治らんでしょ。(^_^;)

2015年

7月

25日

パン

普段の昼食は愛妻弁当のわたくしですが、土曜はべんともお休みで、近所でランチ食べたりオアシスさんで買ってきたりしてます。

今日は、ニワタスにあるパン屋さんのBoulangerie6さんのフランスパンを買ってきて、いただきました!


フランスパンって歯応えがあって美味しいですよね。歯が悪いと食べられないこともあるかもしれません。

しっかりした治療とメインテナンスで、1人でも多くの方が美味しいフランスパンも食べられるように頑張っていきたいです!

2015年

7月

08日

ザリガニ

先週から自宅でザリガニを飼っています。まだ小さいのを3匹。

ザリガニをジッと見てるだけで、飽きないのです。

先週から昨日までの間に、2匹が脱皮しました。

ザリガニって胃の中に歯があるそうですよ!
続きを読む

2015年

7月

01日

散髪

昨夜も診療終わってから近所のValuer525さんで、ヘッドスパとカットをしてもらいました!
いつもの通りオマカセコース。
ちょっと短すぎない?
夏らしい?
0 コメント

2015年

6月

05日

いちき歯科見学

昨日は大阪の南森町にある「いちき歯科」さんに見学に行ってきました。

院長の市来先生は、僕の前の職場の院長の先輩で治療技術と、医院経営の両面でとても高い成果を上げていらっしゃいます。

医院に着いたら、スタッフの人が医院のシステムについて資料を使ってレクチャーしてくれました!

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

24日

インプラントのオペ

今日はある一人の患者さんに

1)抜歯してその場でインプラント埋入

2)以前に埋入したインプラントの二次手術(口蓋の結合組織を唇側に移動する方法も併用)

3)歯肉の薄い部位へ結合組織移植

を一度に行いました。

なるべく短い期間で少ない手術回数で複雑な治療をしていこうとすると

たまにはこういうこともあります。

それぞれ予定通りに進めることができて、まずは一安心。


自分も大変でしたけど、患者さんも大変だったと思います。

お疲れ様でした。

0 コメント

2015年

3月

17日

つけ麺バーガー

今夜の夜食はロッテリアのつけ麺バーガー!


炭水化物で炭水化物を挟むという斬新なバーガー。


と、いいつつロッテリアでは時々登場しますね。


そして、それをよく食べてます。



一昨年は”ラーメンバーガー”食べたし。


結構おいしいですよ。

0 コメント

2015年

3月

17日

理想的の読者

村上春樹さんの期間限定読者交流サイト「村上さんのところ


2月9日のブログで、「僕も一つ送ってみたのですが、まだ採用されてないです~」と書いておりましたが、


このたび晴れて 


返事来ましたーーーーーーー\(◎o◎)/!   


どれかは


教えません。


探せばたぶんわかります。


0 コメント

2015年

3月

05日

2歳6ヶ月検診

昨日は、保健センターでの2歳6ヶ月検診に出動してきました。
かわいいお子さんたちが、いっぱい来てました。
昨日は機嫌よく口を開けてくれる子が多かったのでとても助かりました。
結構、日によって口を開けてくれない人ばかりの時もありますので。

歯科検診室にはあちこちアンパンマンのマスコットが飾ってたり、天井にもアンパンマンとバイキンマンが貼ってあったりして、楽しい雰囲気になるようスタッフの衛生士さんたちが工夫されてます。
続きを読む

2015年

2月

24日

さよならCT

ジャズトランペットプレイヤーのクラーク・テリーさんが、21日に亡くなりました。

享年94歳。


スイングジャズの時代よりトランペットの名手として第一線で活躍し、数多くのレコードを残しました。


1フレーズ聴いただけで、すぐにその人とわかるつややかな音色と、独特のフレージングが僕も大好きで、

一時期は彼のレコードの熱心なコレクターでした。

でも録音があまりにも多すぎて、コンプリートは挫折しましたが・・・・。


94歳といえば大往生なのでしょうが、さびしいです。

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

09日

自分への最大の投資

今、期間限定で作家の村上春樹さんが読者の質問に答えるサイトを立ち上げています。


コチラ > 村上さんのところ


いろんなメールに村上さんが答えていきます。

質問のセレクトも、それに対する回答も、ひょうひょうとして面白いです。


僕も一つ送ってみたのですが、まだ採用されてないです~


でも3万通以上来てるらしいので、まあ当たりませんわな。


そのなかで、17歳の男の子からの質問


「村上さんが考える、「自身への最大の投資」とは一体何ですか。」


に対して、村上さんは


なんだか唐突ですが、人にとって歯はとても大事です。若いうちからまめに歯科医でチェックしてもらいましょう。それ以外のことは、そのうちになんとかなるんじゃないかな。今からそんなに真剣に考えなくても。


答えていらっしゃいます


そうだよね!歯は大事だよね!



0 コメント

2015年

2月

08日

歯内療法のセミナー

今日は東京まで、歯内療法のセミナーを受講しに行きました。
歯内療法というのは、歯の神経の治療で、主には歯の根の中を綺麗にすることです。
この歯の根の治療は日本の保険診療と欧米とでは治療費と治療のクオリティの両面で大きな差がある分野でありまして、日本の治療費はアメリカの20分の1と言われております。
そんな中でも当院では歯内療法も丁寧に行っていこうと日々精進しております。

僕も大概イロイロ頑張って成果を出していたつもりでしたが、隣で受講されていた先生が、保険診療はせずに自費で歯内療法と虫歯治療だけをやっている先生で、それはそれはマニアックで、すっかり圧倒されてしまいました。

明日からの診療はさらにパワーアップで頑張ろうと思います!

2015年

1月

30日

ソケットリフトと歯根端切除

今日は右上第2小臼歯部のインプラント一次手術と、第1大臼歯の近心頬側根の歯根端切除術を同時に行いました。

 

ソケットリフトというのはサイナスフロアエレベーションともいいまして、上顎洞という空洞が広いと上顎の歯茎の骨の厚みが少ないのですが、その骨の厚みを増す処置です。

詳しくは こちら

 

 

第1大臼歯のほうは根の一つが感染によって膿んでいたので、根の先端を切除してMTAセメントで逆根管充填しました。

 

普通同時にしない処置だったので、同時にするというの自分的には挑戦だったのですが、予定の半分の時間で済みました。(どれだけ余裕みてるのか?!)

 

麻酔をするときにチカっとしただけで、痛みはなかったそうです。よかったよかった。

0 コメント

2015年

1月

15日

がん医科歯科連携講習会

今日は歯科医師会で「全国共通がん医科歯科連携講習会」を受講しました。

がんの治療にともなって、様々な口腔の障害が現れます。

手術後に口の中の細菌が原因で肺炎起こることがあります。

化学療法や放射線治療の時に、口の中の粘膜炎が起こってとても痛い思いをしたり、唾液が出なくて口が乾燥したりします。

症状が強いと、治療の継続も難しくなることもあります。

ですから、歯科ががんの治療を受ける人に積極的に関わっていくことが求められています。


続きを読む

2015年

1月

06日

問い合わせ回答

本日、ホームページの問い合わせ欄にセカンドオピニオンの問い合わせがありましたが、返信のメールが送れません。

どうも、送信先のメールサーバーの容量が一杯になっている可能性があるそうです。

とあるホームページによると


”送信先のかたに、メールサーバー上にあるメールを削除していただくなどして、受信メールサーバーの容量をあけていただく必要があります。”


とのこと。


プライバシーに差し支えない範囲で回答も以下に記しておきますのでご参照ください。


このブログに気づいていただけるとよいのですが・・・

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

29日

今年も一年お世話になりました。

今年の仕事は27日の土曜の午前まで。午後に大掃除をして、夜は忘年会でした。


一年間、スタッフ1人も欠けることなく、去年と同じ顔触れで忘年会ができて幸せです。

忘年会は、南草津のフレンチのアペゼさん。
とてもおいしかったです。
続きを読む

2014年

12月

14日

歯内療法研修会

今日は、朝イチで投票済ませ、歯内療法学会の研修会ということで、大阪歯科大附属病院に来ております。
歯内療法というのは、簡単に言えば、歯の中の神経の治療のことです。
歯のような小さいものの奥深くの話なので、とても見づらく、難しい治療なのですが、歯を長期に残していくためには不可欠な分野です。

続きを読む

2014年

12月

10日

むし歯になっちゃうタイプ

虫歯(う蝕)はミュータンス菌が糖類から酸を作って

歯のカルシウムを溶かすことで起こります。


口の中にはだ液があって、酸を中和して再石灰化がおこり

う蝕から歯を守ります。


口の中が無菌の人はいませんし、糖類を全く摂らない人は

ごくまれでしょう。


だ液も誰もが分泌しています。



虫歯になるのは、これらのバランスが崩れている時といえます。



バランスの崩れ方には人によりいろいろなタイプがあります。


続きを読む 0 コメント

2014年

12月

09日

総義歯難症例

今日は総義歯の難症例のMさんの治療が終わりました!


Mさんは80代男性です。下顎の歯茎がすっかりやせてしまって、「これまでの総義歯は痛くて噛めない」と来院なさいました。


下顎の顎堤(歯ぐきの土手)は高度に吸収し、不動粘膜がほとんどありません。


旧義歯を調整してだましだまし使いながら、新しい義歯を作っていきました。


型取りも概形印象から個人トレーを作ってコンパウンドで筋形成をし、蝋堤で垂直的顎位だけでなく、ゴシックアーチを記録して水平的な顎位も計測し、フェィスボウ・トランスファーと側方チェックバイトで顆路の調節も行いました。

専門用語連発スミマセン。要はいろいろマニアックな、イヤ、基本的な手順をキッチリ踏んで作っていったわけです。


そこまでやると、セットの時にはバッチリ痛くなく安定した義歯が出来ました。

ところが、

続きを読む 0 コメント

2014年

11月

30日

真夜中のヘッドスパ

なんでも来週の火曜からメチャ寒くなるそうじゃないですか?!


皆様、風邪など引かぬよう、ご自愛くださいませ。

そんななか、診療終了後に、valeur525さんでヘッドスパしてもらってきました。

髪型は恒例により、おまかせであります。

寒くなるっつーのに、またもやボーズにされてしまいました!

いや、ボーズじゃないか。

2014年

11月

22日

広い!広いよ!

今日はついにエルティにジュンク堂書店オープン!


さっそく昼休みにいってきましたよ!


広い!広い!


エルティってこんなに広かったっけ?!


ドラえもんの4次元ポケットのようです。


本棚がめちゃある!


こんなの誰が買うんだっていうようなマニアックな本が一杯です。


やっぱり滋賀で一番でしょうか?売り場面積。知りませんけど。


読みたい本が多すぎて、却って買えない・・・


続きを読む 0 コメント

2014年

11月

21日

みんなが土日休みってやめませんか?

突然ですが、日本をもっと住みやすい国にする政策提言をしたいと思います。


それはですね、「みんなが土日を休むということをやめる」ということであります。


今、多くの勤労者の皆さんは、月曜から金曜まで働いて、土日休んでいます。

学生さんもそうです。


プライベートな時間は、始業前と就業時間後と、土曜日曜祝日です。

この時間にご飯を食べたり、家族と過ごしたり、買い物をしたり、散髪をしたり、歯医者に通ったりしているわけです。


医療も含めたサービス業を利用するのはこのプライベートな時間ですから、みんなが同じ日に休むと、平日は空いているお店や観光地も土日は大混雑で、非効率なことこの上ありません。


そこで、日本全体で土日が休みというのをやめて、均等にばらけて皆が休むようにするのです。


1)大きい会社や行政機関などは休日を設けずシフト制勤務にする

2)自営業や中小企業はくじ引きで休みを決める

3)幼稚園から大学までの各種学校はクラスごとに休む曜日を決め、ばらけるようにする。

4)家族は同じ曜日に休めるようにする。


これが実現すると

1)仕事休みの日に、行政サービスを受けることが出来る。

2)特定の曜日にレクリエーションやお店に人が集中しないため、より良いサービスが受けられる。

3)道路の渋滞の緩和

4)サービス業の人も家族との時間が作れる。

5)第3次産業の効率化により、経済の活性化が図れる。

6)日本人の「何でも横並び意識」が少なくなる。



歯科医院でも、夕方の就業後や土曜日は、その時間しか通えない人で混雑し、アポが取れずに治療が進まなかったりしますので、概して忙しく働いている人の口腔衛生状態はよくありません。


国民の健康のためにも、いいんじゃないかとおもうんですけどね。どうでしょうか


0 コメント

2014年

11月

19日

100年カレンダー

100年カレンダーというものを教えていただきまして、早速買ってみました。Amazonで734円。
自分の生まれた年から100年間のカレンダーが一枚にまとめられています。
眺めてみると、長い年月も一日一日の積み重ねだということに改めて気づかされるのであります。
一言では言えぬ感慨がありますね。
続きを読む

2014年

11月

19日

もう一つの”ジュン”がエルティにOPEN

続きを読む 0 コメント

2014年

11月

12日

メールの問い合わせについて

さきほど、ホームページの問い合わせフォームで質問を頂きました。


返信をメールで送ったのですが、アドレスの入力が間違っていたらしく、送ることが出来ませんでした。


もしこのブログをご覧でしたら、正しいアドレスを教えていただけないでしょうか?

0 コメント

2014年

11月

11日

スリッパ

当院では入り口で紫外線殺菌されたスリッパに履き替えていただいてますが、これまで使っていたスリッパにほころびがみえてきたので、このたび、入れ替えました。

 

色はご覧のとおりのブラウン。

 

フローリングの床とマッチしますね。最初からこの色にすればよかった。

0 コメント

2014年

11月

10日

大塚式こども歯ならび矯正法セミナー

ところで、ブログ以外のホームページでちょこっと変更したところがあります。

それはどこでしょう?


診療室に来てくれたら、こっそりお教えします。


さて、昨日は大阪で題記のセミナーを受講してきました。


プレオルソという装置を使って、筋機能訓練をすることで、乳歯列期から混合歯列期の歯列矯正を行う方法です。


歯の位置は舌の力と唇や頬の力とのバランスに大きく影響をうけます。そこでその歯の周りの筋肉の悪影響を排除して、良い働きをさせることによって、歯をより適切な位置にもっていこうというのが、口腔筋機能療法です。


この方法だけで、歯がきれいに並ぶというものではありませんが、適切な時期に適切な子どもさんに適用することによって、将来本格矯正が不要になったり、本格矯正が簡単になったりするそうです。


当院では本格的な歯列矯正は、矯正専門医の先生に紹介していますが、希望される方がいらっしゃればこのような方法で、ある程度の歯並びの改善をはかっていけるのかと考えているところです。

0 コメント

2014年

10月

29日

歯科外来環境体制加算の施設基準の届け出が受理されました

久しぶりのブログの投稿です。


滋賀県で一番ブログを書くと豪語していたのはいつの事やら・・・


間隔が空くと、あまりしょうもないこと書いてはいけないのではないかとか、考えちゃってついのびのびになってしまってました。


さて、このたび「歯科環境体制加算の施設基準」の届出が近畿厚生局に受理されました。


これは、患者さんにとってより安全で安心できる歯科医療の環境整備をはかるために、

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

18日

認知症と歯の本数

 こんにちは。衛生士の江本です。そろそろ梅雨明けかという暑さになってきましたね。今年の夏も猛暑なのでしょうか・・・。

 

 

 ところで最近TVや新聞などで認知症の方の行方不明に関することが度々とりあげられていますが、目にされたことはありませんか?

高齢社会が進むご時世、他人事ではないなと感じております。

 

 実は認知症という病を引き起こすことに、歯の本数も無関係ではないと言われています。特にアルツハイマー型認知症の発症においては、食事中の咀嚼運動(食物を噛む回数)が少ないほど「ベータアミロイド」という脳の神経細胞を壊しアルツハイマーを引き起をこすとされるたんぱく質の発生量が多くなるという実験結果が報告されています。認知症の約50パーセントがアルツハイマー型だという統計もあります。

 

歯の本数が減るとどうしてもやわらかい食べ物しか食べなくなってしまうということをよく聞きます。やわらかい食べ物は噛み砕く必要が少なくなるため、咀嚼回数も自然と減少してしまいます。

このような状態が長く続くほど悪影響が出てきてしまうようです。実際、アルツハイマー型認知症やその他の認知症の方の口腔衛生状態は、悪いケースが多いそうです。

 

 老齢化が進む現代ですが、80歳90歳になっても心身共に健全でいたいものです。若い頃から歯を失わないために、しっかり口腔ケアーをすることもポイントになってきそうですね。

 

0 コメント

2014年

6月

11日

乳歯の抜歯

昔読んだトムソーヤの冒険で、トムのグラグラの乳歯をおばさんが糸で縛って抜く話がありましたが、欧米ではそういうの普通なんですかね?

 

YouTubeにいろんな方法で乳歯を抜く動画がありました。

 

なんかみんな楽しんでるなあ。

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

07日

収入印紙

今日、患者さんから質問がありました。

 

5万円を超える金額の領収書なのに収入印紙貼ってないですよ。

 

収入印紙?!なにそれ!

確かに買い物したら領収書に貼ってあるような気もするけど、

めったに高額買い物しませんので・・・

 

調べてみたら

「印紙税(いんしぜい)は、印紙税法(昭和42年5月31日法律第23号)に基づき、課税物件に該当する一定の文書(課税文書)に対して課される日本の税金。」(Wikipedia)

 

むむ、それでは僕らはずっと滞納していたのでしょうか?!

 

もう少し調べてみると、印紙税基本通達第17号文書の25

 

(医師等の作成する受取書)

 

25 医師、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、保健師、助産師、看護師、あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、獣医師等がその業務上作成する受取書は、営業に関しない受取書として取り扱う。 (平13課消3-12、平14課消3-7改正)

 

とあり、どうやら歯科の治療費は印紙税の非課税扱いになるようです。

ああよかった。道を踏み外してはいなかったようです。

 

0 コメント

2014年

6月

05日

ドア

医院のドアはこれまでガラス製でした。ところが冬は隙間風が吹き込むし、夏は琵琶湖虫がドアに群がるし、なかなか快適とは言いがたいものがありました。
人通りの多いところであまりにシースルーでしたし。
そこでちょっと渋めのドアに替えてみました。いかがでしょうか?

2014年

5月

19日

院内研修

2月から毎月、衛生士さんの研修を院内で行っております。

今回は4回目。今日は最初から実習です。

当院の衛生士さんは皆ベテランさんですけど、

研修をうけることで、

自己流になっている部分を修正できたり、

新たな発見もあるようです。

少人数なので、指導も各人に応じてやってもらえて

効果もあがりそうです。

 

僕も患者さん役として、歯石を取ってもらいましたが

全然痛くなかったです。

 

これからもさらに皆で向上して、より良い治療効果が上がる医院になっていきたいです。

続きを読む 0 コメント

2014年

4月

16日

囲碁

最近囲碁に興味が出てきました。

 

大局観と小局観を養うのにいいんですってね。

 

入門書を買ってみたり、iPhoneのアプリで遊んでみたり

というだけですけど。

 

なかなかじっくり学ぶ時間がありませんですわい。

 

だれか詳しい人、ご指導ください。

0 コメント

2014年

4月

13日

骨移植セミナー

インプラントは顎の骨に人工の歯の根を埋め込む処置ですが、歯を作りたいところに十分な骨が無い場合には、骨のボリュームを増やす処置が必要になります。
その処置に使われる方法と材料には様々ありまして、なにせ最新の技術がどんどん出てくる分野なので、一度知識の整理をしようと、骨移植に特化したセミナーを受講しました。

インプラントの研修やセミナーはある材料や方法について行われることが多いので、横断的な内容のセミナーはなかなか貴重です。

前半は生物学的な基礎の部分をしっかり掘り下げて、後半にそれを踏まえて具体的に臨床を学べるという、考え方の骨組みが学べる感じの良いセミナーでした。

2014年

4月

04日

今日はちょっと寒くなってしまいましたが、木曜日は暖かく、桜も満開でお花見日和でしたね!
草津川も花見の人で賑わってましたよ!
続きを読む

2014年

3月

25日

拡大鏡

治療の精度を上げる為、拡大鏡を導入しました。

 
昨日から使ってます。
 
普通に度の入った眼鏡に顕微鏡のような鏡筒がくっついてます。
これで2.5倍に拡大して、精密に歯を削ったり見えなかったものを見ながら治療しようという訳です。
 
メガネにはクリップでLEDライトをつけております。これによってミラーを使わないと見えないところも、隅々まで照らすことが出来ます。
 
これまで、「拡大鏡や顕微鏡なんぼのもんじゃい」と思ってそういうものは使わずに仕事をしてきたわけですが、そういう認識は改めようと思います。
 
たとえばこんな感じです。
続きを読む 0 コメント

2014年

3月

10日

植村直己 「青春を山に賭けて」

植村直己さんがマッキンリーで消息を絶って

今年の2月で30年だそうです。

早いものですね。

 

スタッフに聞いてみても、植村さんのことを知らないんですよ!

 

といいつつ、私も彼がどのような人物だったのか

知ってるようで、知らなかったことに思い至りまして

前回紹介した電子書籍リーダー”Kindle"で、

植村さんの青春記である「青春を山に賭けて」を

読んでいるところでございます。

 

大学を卒業してから無一文同然で日本を飛び出して、

アメリカのぶどう畑や、スイスのスキー場で働きながら

五大陸の最高峰に登頂する様が描かれてます。

 

山を登るということに対する、火のように燃える情熱が

ストレートに感じられて、元気が出る本です。

 

そして、実家の農業も継がずに世界を放浪していることで

自分はなんと親不孝をしているのだろうと悩むところなんかも

率直に語られていて、植村さんの息遣いのようなものも

感じられます。

 

植村さんは亡くなったとき43歳だったそうです。

もっと上かと思ってました。

自分がその歳を過ぎてしまったというのは

ナニゴトも成しえているとは言えない身として

なんとも複雑な気分です。

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

06日

電子書籍リーダー

去年の年末に、電子書籍リーダーというものを買いまして、愛用しております。

この小さい(200g)タブレットの中に最大4000冊の本が入るそうです。
スマホのアプリよりもずっと起動が速く、バッテリーも長持ちで、充電は数週間に1回です。

いろいろな本が電子書籍になってきています。また、著者の死後50年以上経って著作権の消滅した著作は、インターネット上で青空文庫として無料で出回っているので、夏目漱石や芥川龍之介などの古典はタダで読むこともできます。

本は結構嵩張るので、出かける時には重宝しますし、部屋も散らかりません。嵩が増えないことはつい買いすぎてしまいがちになることが難点になりますが(^^;;

まだまだ、話題の新刊がすぐに電子書籍になるところまではきていないのですが、そうなる日は近いと思います。
0 コメント

2014年

3月

02日

方言

私の両親は和歌山県の出身ですが、父の仕事の関係で、子どもの頃は高校卒業まで岡山で過ごしました。

岡山弁というのは、端的に言うと、語尾に「〜じゃ」がつく言葉であります。
幼児の頃、近所の子どもたちに影響されて、じゃあじゃあ言い始めたら「そんな汚い言葉やめなさい」と母にいわれたこともあります。
 そうはいっても外は皆岡山弁ですから和歌山弁の両親に育てられつつ岡山弁を話す子どもとして育ちました。

岡山弁の語尾は「〜じゃ」ですが、高校生の頃は岡山で標準語の「〜さぁ」を発する人にはかなりの違和感を持っていました。
 東京の美大に進学した先輩が教育実習生として戻ってきて、実習中に「〜さぁ」を連発したときには、軽く殺意を覚えたほどです。

でもテレビの影響か、東京進学を意識していたせいか、高校卒業前には自分でも時々「〜さぁ」を使っていたらしく、同級生に指摘されたこともありました。

村上龍さんの自伝的小説「69」(だつたかな)で主人公が長崎の高校生なのに標準語で話すところが少し似ていると感じてます。

そのような言語環境が人格形成にどのように影響するのかはわかりませんが、上京してから、東京弁に染まるのは、とても早かったです。
同級生からは地方出身とは思われなかったですから。

興味深いのは、先祖代々岡山という同級生のU君です。彼は上京しても全然岡山弁が抜けなかったのですが(別に抜けないのが悪いと思ってはいませんよ)、夏休みに岡山に帰省すると、岡山で「〜さぁ」を連発したのであります。 私は完璧な「〜じゃ」に戻りました。

ここから推論されることは、幼児期に固定的な方言環境にあるか、不安定な方言環境にあるかで、後々の方言対応能力に違いが出るのではなかろか、ということです。

そんな私はその後、愛知県で5年、大阪府で10年、滋賀にきて2年半になりますが、なーんとなくそれぞれの方言のイントネーションに影響された標準語を話しているようです。
 
時々東京の友達に合うと、「うわっ、めっちゃ東京弁やん」と内心思いつつ少し東京イントネーションにチューニングします。
関西で、ディープな関西弁の人とご一緒すると、そちらの方に引っ張られます。
キャラも言葉によって少しシフトするのが面白いです。

でも、非関西人が無理に話す関西弁ほど気持ち悪いものもないと思っているので、無理にならないようにはしてます。

お手本は関西ローカルのテレビ局のアナウンサーの方がワイドショーなんかで話すあの感じなんですけど、どうでしょうか。でもあの人たちは元々プライベートでは関西弁でやってて、仕事では標準語を喋ってて、そこから滲み出るイントネーションなので、成り立ちが違うんですけどね。



2014年

2月

19日

院内研修

今日は午前中の診療を休診させていただいて、

歯科衛生士と歯科助手の院内研修会をしました。

 

今月から半年間、外部の先生に来ていただいて

指導していただきます。

 

指導していただくのは、僕が以前の勤務先でお世話になったこともあり、

衛生士の江本も前の勤務先などで指導していただいた縁のある

株式会社アデンタの永野先生と渡部先生です。

 

歯科の研修には、院外の研修に参加する方法と、

今回のように、医院に先生に来てもらって指導してもらう方法が

あります。

 

既婚のスタッフがいる場合などは、なかなか休みの日に勉強に出かけることも

ままなりませんし、皆で同じ指導を受けるとチームとして

仕事の統一感も取れるというのが、院内研修の良いところです。

 

患者さんからより信頼されるチームとなるために

頑張ってます!

続きを読む 0 コメント

2014年

2月

09日

むし歯・歯周病と免疫

お久しぶりです。衛生士の江本です。

 

 寒い日が続いており、世間ではインフルエンザやノロウィルス感染が流行っていそうですが、皆さんはしっかり予防できていますか?

手洗い、うがいはもちろんのこと、免疫力アップも大切ですよね。

 

 細菌の感染で起こる病気はいろいろありますが、虫歯や歯周病も細菌の感染で起こる病気であることをご存じでしょうか?

虫歯は甘いものが原因だとか、歯周病は歳をとったら起こってしまうとか思いがちです。もちろんそれもなくはないのですが、それらは感染のリスクの一つです。

 

虫歯を引き起こす虫歯菌、歯周病を引き起こす歯周病菌は人それぞれにお口の中に存在します。それが発症するかどうかは細菌の量や生活習慣、免疫力が関わっているのです。

 

歯磨きでお口の中を清潔にすることが大切なのはみなさんもご存じで、デンタルフロスや歯間ブラシなども取り入れておられる方も多いのではないかと思います。甘い物の摂取も控えているという方もやはりそこそこいらっしゃるでしょう。

 

でも、免疫力をアップして虫歯や歯周病を予防しようと考える方は少ないのでははないでしょうか?

長年歯科治療に携わっていると、いろんな患者様にお会いします。そんな中で感じるのは、心身がともに健全な方ほど歯周病や虫歯の罹患率が低いのではないかということです。

最近「笑い」が免疫力をアップさせると言われ、「ガンが消えてしまった!」なんてことも本に書いてあったりしますが、虫歯や歯周病も無関係ではないように個人的には感じております。

 

 なにはともあれ、寒く憂鬱になりがちな季節ですが、日々前向きに笑いをもって過ごしたいものですね!

0 コメント

2014年

1月

26日

診察券変わりました

今頃なんですけど、あけましておめでとうございます。

 

今年から診療時間が少し変わりまして、

それを機に、診察券と医院名刺をリニューアルしてみました。

 

ちょっと垢抜けましたでしょうか?

 

結構好評です。

 

もっと早く変えておいてもよかったな。

0 コメント

2013年

12月

16日

歯内療法学会認定研修会

昨日は日本歯内療法学会の認定臨床研修会に行ってきました。

 

歯内療法というのは、所謂「歯の根の治療」です。

むし歯などで神経を取ったり、神経が死んで根の先が膿んだりした時に行う治療です。

 

(参考:歯内療法学会HP 「歯内療法とは」

 

 インプラントや審美歯科などにくらべると、パッと見には関係しないので、

地味な分野ではありますが、神経を取った歯を長持ちさせるにはとても重要です。

 

昨日は外科的歯内療法といって、手術で根の先の病気を取る方法についての講義を聴いてきました。

 

一流の先生の話を聴くのはいいですね。知ってることでも、意識が上がります。

 

いろいろ小技や小ネタを仕込んできましたので、明日からの臨床に活かしたいと思いました。

0 コメント

2013年

12月

11日

歯の定期検診を受ければよかった

去年の雑誌の記事からで恐縮ですが、

「プレジデント」2012年11月12日号の特集

「リタイヤする前にしておけば良かったこと」の健康部門の第1位は

 

歯の定期検診を受ければよかった

 

です。

 

働いている時は仕事中心で、後回しになりがちな自分の健康ですが、

失ってしまってからでは取り返しがつかないのです。

 

働いている人こそ検診の受診をおすすめします。

0 コメント

2013年

12月

09日

クラス会

昨日は阪大中之島センターで、クラス会でした。

30期、40期、50期合同のクラス会だったので、10年上、20年上の先輩方とも一緒です。

 

午前に臨床談話会ということで、同期の須田先生が代表として症例発表をして、

午後は懇親会でした。

 

僕は学士編入生だったので、同期の人とは最大9歳差があります。

大学に入りなおしたときは、若い同級生たちのあまりの子供っぽさに

「学級崩壊・・・」という字が頭をよぎったこともありますが、

卒後10年。開業した人もおり、大学で助教やってる人もおり、

しっかり大人になっているのをみると、逆に

自分が子どものまま取り残されていくような

それでいてなんだかうれしいような、奇妙な

感慨がありました。

 

 

0 コメント

2013年

11月

20日

おでん

寒くなってきましたね。

今年の夏はあんなに暑かったのに

ちゃんと寒くなるんですなあ。

 

寒いときは鍋とかおでんとか美味しいですよね。

 

ということで、一昨日の我が家の夕食はおでんでした。

 

翌日の終礼のときに報告すると、

5人のうち4人がその晩おでんだったそうです。

 

ただそれだけ。おでんおいしいですよね。

0 コメント

2013年

11月

13日

僕の師匠(2) 佐藤哲夫先生

最近ブログの更新が滞ってまして、どうもスミマセン。

歯科医院のブログだから、歯と健康に関することを書かないと・・・と考え始めたら

つい敷居が高くなってしまいました。

 

4月にシリーズ連載をしようとはじめた「僕の師匠」。2人目がやっといまごろ登場。

トランペットの佐藤哲夫さんです。

 

そう、もう仕事にこだわることはやめにしたのです。

 

大学に入った僕は、勉強もそこそこにジャズのビッグバンドのサークルに加入しました。

ビッグバンドというのは、映画「スイング・ガールズ」のアレです。

当時はあまり女子は多くなく、むさ苦しい体育会系のサークルでした。

(今は女子の方が多いくらいの勢いらしいです)

 

ビッグバンドのトランペットは吹奏楽に比べて高音域や大音量が要求されます。

それまでの自己流の吹き方の延長では、リードトランペットを吹けるようにはならないと思い、先輩の紹介で佐藤哲夫さんのレッスンを受けるようになったのでした。

 

佐藤さんは、スタジオ・ミュージシャンで、ブルー・コーツや三木敏悟さんのインナ・ギャラクシー・オーケストラなどのビッグバンドや、河合奈保子さんのツアーメンバーなどで活躍していました。アメリカのカールトン・マクベスさんから、「マジオ・システム」という金管奏法の手ほどきを受け、「マジオ・システム」を日本に紹介したりしていました。

 

トランペットは唇をマウスピースのなかで振動させて音を出します。

ピアノやバイオリンの弦のようなものだと例えられたりします。

 

そのせいか、素人は唇を横に引いてセッティングしがちになるのですが、そうすると音は貧弱になり、音域も限られてしまいます。でも、唇が安定するので、手っ取り早く音は出るんです。

 

そこをマジオシステムでは「唇をキスをするように突き出せ」と教えます。

そして舌と息でコントロールするのです。

 

それができるようになるために、通常使う音域のオクターブ下で普段は使わない「ペダルトーン」という音を練習します。

僕はそれまで唇を薄く構えて吹いていたので、マジオ・システムのセッティングでは全然吹けなくなってしまいました。音域も狭くなり、音程もちゃんと取れません。

それでも毎日毎日ペダルトーンばかり練習しているうちに1年後にはなんとか普通の音域が出せるようになり、3年生になるときにはリードトランペットの譜面がなんとかこなせるようになりました。

 

佐藤さんからは、単に奏法だけではなく、トランペットの音の理想のようなものも学びました。

「高い音をがなるようにに出すのではなく、豊かな中低音の上に乗っかるように吹きなさい」

 

いまでもそんなに吹けるわけじゃありませんが、佐藤さんに教わった短い期間のおかげで、20年以上経った今も趣味でトランペットを続けていけています。本当に感謝しています。

0 コメント