総義歯


入れ歯を作るのが好きだ!

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、

上手かどうかはともかく、

僕は結構入れ歯を作るのが好きな方だと思います。

そして、結構たくさんの入れ歯を作ってきた方だとも思います。

 

昨今は、歯科医療技術の進歩のためだかなんだか知りませんが、

無歯顎(歯が一本も残ってない)の人が少なくなっています。

歯医者さんが増えすぎて、1人の歯医者さんが診る患者さんも

少なくなってきています。

ですから、たぶん、僕らの世代の歯医者さんは、

2世代くらい上のもう引退している大ベテランの先生たちに比べて、

圧倒的に総義歯の臨床経験が少ないと言われています。

 

僕の勤務先の診療所は大規模で患者さんも多く、その中で、

「入れ歯が好き」な僕は、総義歯の難しい患者さんを特に

任されていました。

 

ですから、僕らの世代の歯医者の中では、

 

まあなかなかな方

 

ではないかと思います。

 

どうも歯切れが悪い自己アピールになってしまうのは、

 

総義歯というものはやればやるほど奥が深いものだからなのです。

 

ちょっと前の僕は今の僕からみたら、まだまだいけてなかったし、

もう少し勉強や経験を積めばもっと出来るようになるという

発展途上の段階にあるということを自分自身がいつも痛感しているからです。

 

でも、入れ歯はやりがいのある分野です。

保険の点数が低くいので経営的には患者さんが来れば来るほど苦しい

分野でもあるのですが、

好きになっちゃったんだもの!

どんどんきてください!

一所懸命診ます!