MTコネクター

※MTコネクターは保険適用外の治療法です。


MTコネクターとは、部分的に歯を失っている人にぴったりの入れ歯です。

 

従来の部分入れ歯というものは、金属のバネが付いていて、

歯の下にピンクの部分が大きくついているものでした。

 

ところが、MTコネクターはその大きな特徴として、

バネがありません。

そして、ピンク色の部分(床といいます)もほとんどありません。

 

維持のために内側に金属のプレートがついていますが

外からはほとんど見えません。

 

ですからとても小さく、違和感の少ない形になっています。

 

そして、多くの場合、周囲の歯を削る必要がありません。

 

もちろんインプラントのような手術も不要です。

 

ですから、インプラントがどうしても出来ないとか

それでも普通の入れ歯は見た目や違和感のため

使えない、という人には最適な方法です。

 

 

MTコネクターは、大阪市にある「大阪歯科センター」という技工所の

歯科技工士の宮野たかよし先生という方の特許技術で、

日本でもここだけでしか作ってません。

 

特許だからというのももちろんあるのでしょうが、

従来無かった小さい義歯をつくってそれを機能させるというのは

なかなかマネすることのできない高い技術が必要なのでしょう。

 

僕は前の勤務先の頃から、MTコネクターを導入し、

実際にその高い技術を体感してきました。

 

巷にある類似した義歯(ス*** デンチャー)などとは精度が全く違うようです。

 

 

施術名 MTコネクター
施術の説明 歯を削らずに型を取り、小さく目立たず違和感のない入れ歯を作ります。
施術のリスク 小さいのでなくしてしまうことがあるかもしれません。
施術の価格 270,000円 (上記例 欠損歯数により価格は異なります

ご興味お有りの方は、気軽にお問い合わせください。

メモ: * は入力必須項目です