CT導入しました

当院のレントゲンが、従来のデジタル・パノラマレントゲンから、CT・パノラマ複合機に更新されました!
従来のレントゲンは2次元のいわば「影絵」でしかありませんでしたが、CTは3次元的に画像を構築し、2次元のレントゲンでは難しかった診断も正確にできるようになりました。
CTが特に威力を発揮するケースとしては、
1)下の親知らずの埋まり方で、下顎管という神経と血管の通り道との位置関係の診断
2)難治性の根尖性歯周炎の病変の位置と形態の把握
3)インプラント予定部位の骨の形態の測定
4)顎関節の形態の診断
が挙げられます。
上のケースの中では、インプラント以外は保険も適用されます。
インプラント予定の方のCT撮影は無料で行います。
これまではインプラント予定の方は病院に撮りに行ってもらっていたので、今後はその必要はなくなります。
今後とも新規技術の導入も頑張っていこうと思います。