マイクロスコープ下でのむし歯処置

左下第1大臼歯の大きなむし歯の処置です。

 

歯髄に達する可能性もあった大きさだったので、ラバーダムをしてむし歯を除去していきました。

これがほぼむし歯が取りきれた状態です。

 

薄くピンクに染まっているところは取りきる必要はありません。

バルクフィルレジンで覆罩したところ。

 

後日インレーで修復します。

 

 

マイクロスコープを使うと今まで見えていた状態と見え方が違うので、むし歯でない歯の部分を余分に削ることが少なくなるように思います。

 

その結果、神経を取ることになる可能性が下がりますし、二次的なむし歯にもなりにくいと思います。