待合室

滋賀県草津市大路1-1-1 エルティ932 2階
JR草津駅東口スグ、エルティ駐車場利用可
予約制、各種保険取扱

診療時間
  • 良くある質問
  • 院長ブログ

ホワイトニングもやってます!

草津駅東口デッキに面しています。

うばがもちやさんの隣になります。

エルティの駐車券をお渡しできます

 

インレー修復の手順

インレー修復は臼歯部の主にC2という中等度のむし歯の修復に用いられる方法で、「間接法」と呼ばれます。

削った穴の型をとって、石膏でつくった歯の模型の上で

技工士さんが詰め物を作って、出来上がったものを、

調整して患者さんの歯にはめ込む方法です。

 

詰め物の材料としては、次のようなものがあります。

・金属(銀合金、パラジウム合金、金合金)

・セラミック・ハイブリッドセラミック・コンポジットレジン

 

インレー修復を選ぶのは、直接法のレジン充填では難しい「歯と歯の間の修復」や、

レジンでは強度が不足するような「大きい詰め物」が必要な場合になります。

穴は開いていませんが、歯と歯の間に虫歯があります。

削ってみると、虫歯が認められます。象牙質が軟化して変色しています。
削ってみると、虫歯が認められます。象牙質が軟化して変色しています。

虫歯(軟化した象牙質)を削り終わったところ。深いところまで穴が開いています。

樹脂で深い虫歯の穴を埋め立てます。

(写真が手ブレしてます。すみません)

 

ここで一旦終了して次回のアポイントまで経過を見ることもあります。

インレーを入れる窩洞を形成しました。

シリコン印象材で歯型を採ります。

セラミックインレーを技工士さんが製作します。

完成!
完成!