顕微鏡を用いたコンポジットレジン充填

先日、保険外で歯科用マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いてコンポジットレジン充填を行いました。

一見むし歯などないように見えるきれいな歯ですよね。

でも裏から見ると、歯と歯の間に暗い影があります。

 

むし歯です。

ここと

ここにあります

 


もちろんラバーダムをします。

 

ラバーダムのシートも、高級品を使っております。(いろいろあるのです)

 

ここでマイクロスコープの動画をご紹介したいのですが、編集の方法がよくわからなくて、いま奮闘中です。

いつか追加して更新しますので、しばらくお待ちください。

 

というわけで、一足飛びに完成の写真です。

 

ラバーダムをした上で、マイクロスコープを使ってコンポジットレジン充填をする利点は、

 

1)歯をむし歯を除去する必要最小限度しか削らない

 

2)綺麗に緊密に充填できる

 

3)ラバーダムをすると、呼気中の水分が遮断されるので、レジンの接着が強固になる。

 

1~3の結果、歯が長持ちする治療になると考えられます。

 

欠点としては、時間と手間がかかるということがいえるでしょう。

裏側からしか削ってないので、正面からの見た目は全く変化ありません。(これは術後の写真で、1枚目とは別の写真です)

 

一見ふつうの保険診療でやった結果と変わりませんけど、10年後の予後はきっと違うと思います。